住宅設備のトラブルの中でも水のトラブルは目に見えない場所でも起こり得て、わずかな隙間でもあれば進む可能性があること、被害が拡大すれば自宅以外でマンションならば階下の住宅など、他人にも影響する恐れがあるのが怖いところです。水のトラブルは大きく分けて水漏れとつまりのいずれかですが、排水管のつまりで行き場をなくした水が水漏れという現象につながるなど、複合的に具現化することも少なくありません。特に、水は本来高いところから低いところに流れるのが自然の姿ですが、進路をさえぎれば別の向きに行く先を求める性質があります。水漏れが起きることは好ましくありませんが、それが目に見えている状態は不幸中の幸いであり、その箇所を修理しただけでは建物の内側などの構造部、階下の住戸など気がつきにくい領域に進んでしまうことがあります。

また、つまりの場合は排水管が完全に詰まっていなくても部分的に異物がつかえていたり、さびが蓄積するなどで細くなっていると、本来の性能が発揮できません。そんな場合でも、例えばトイレなら一人が使った後しばらく誰も使わなければ、時間をかけてでも排水できれば水漏れは起こりません。それが、短時間に何人かが使用して流すなど、流水量が増えると本来の性能を発揮できない排水管から逆流や水漏れが起きてしまいます。つまり、何かトラブルが起きたらその対策は初期対応で目に見えている出来事の解消、そこで終わることなく原因を解明するためにはプロに依頼して検査することが大切です。

小さなトラブルは大きなトラブルを未然に防ぐシグナルということもできます。