水道の2大トラブルといえば水漏れとつまりでしょう。どちらもよく起こりうることなので、特に珍しいことではありません。建物が古くなると、それだけトラブルが発生するリスクは高まりますが、使われている消耗品の耐久性がそれほど高くないことから考えると、どのような建物でも、いつ発生してもおかしくありません。水漏れの原因は一つだけでなく色々な原因が考えられるために、まずは原因を見つけることから始まります。

原因で多いのはゴムパッキンの劣化やナットの劣化、蛇口そのものが寿命の場合もあります。ゴムパッキンの劣化であれば新しい部品に交換することですぐに水漏れは止まりますが、蛇口そのものが寿命の場合は、専門的な技術が多少必要となってきます。つまりは、長年使い続けることで、異物や油など様々なものが排水管に詰まってしまって起こります。自分でつまりを解消するためには、パイプクリーナーで掃除をしたり、ワイヤーブラシなどをつっこんで汚れを除去することで、流れが良くなる可能性があります。

自分で水漏れやつまりの修理をうまくすることができないときは、専門の水道工事会社に連絡を入れて、修理を依頼すると良いでしょう。24時間365日対応しているところも多いので、すぐにかけつけてくれます。プロはほとんどの問題を解決することができるので安心です。費用もそれほど高額にはならないことが多いですが、心配なときは前もって見積もりをとった上で修理をするかどうか決めると良いでしょう。

水道工事のことならこちら